日亜鋼業の特徴

・当社は、線材加工製品の総合メーカーであり、めっき線業界の国内トップメーカーとして、
 普通線材製品、特殊線材製品、建築用のボルト製品で豊富な商品群を擁するとともに、
 耐食性と防護性にすぐれた獣害防護柵などの三次加工製品も得意としています。

・特に普通線材製品部門では、3元合金めっき線『タフガードシリーズ』や極厚めっき、
 カラー等高度なめっき技術に支えられた高耐食の多彩なめっき商品メニューを揃えて
 います。

・素材(軟鋼線~硬鋼線) × めっき(Zn・AZ・TGM) × 加工(塗装・圧延・三次加工)
 に至る鉄鋼二次加工の一貫製造で、豊富な組合せと各種設計が可能です。

・2013年から4年かけて実施した本社工場のリフレッシュ工事と全社システム刷新
 の大規模戦略投資により、自動化・省力化の推進、生産性の大幅な向上や一層の
 品質改善、トレイサビリティ拡充に伴う品質保証体制の強化等を実現し、業界屈指の
 供給体制を整備しています。

・普通線材製品及びボルト製品については、東西製造拠点からの供給と豊富な在庫を背景に、
 短納期での受注-デリバリーが可能な体制を構築しています。

・当社は、養殖向けや製紙向けなどの用途開拓や補強土壁『ハイパープレメッシュ』
 のお客様との共同開発をはじめ、これまで数々の需要開拓を推し進めてまいりました。

・今後とも全国の営業拠点網を活かしてお客様へのきめ細やかな営業を行うとともに、
 営業と技術サービスの連携を軸に、広範なお客様のニーズを捉えながら、製販技一体
 のソリューション営業を展開してまいります。